「iPadがフリーズし続ける」問題を簡単に修正する方法

iPadは遊びと仕事の両方にとって素晴らしいデバイスですが、 iPadがフリーズし続ける。 そのため、iPadがフリーズし続けると、特に重要なことをしているときに、本当に迷惑になります。 iPadが常にフリーズする理由はさまざまです。 うまくいけば、このイライラする問題を簡単に修正する方法もたくさんあります( iTunesのバックアップがグレー表示になりました 問題)。

iPadがフリーズし続ける

パート1:iPadがフリーズし続ける理由

デバイスがときどきフリーズするのはごく普通のことです。 ただし、定期的に発生する場合は、デバイス内でいくつかの大きな問題が発生する可能性があります。 それで、あなたのiPadがフリーズし続けるいくつかの潜在的な理由がここにあります:

  1. アプリケーションは互いに異なる方法で設計されています。 複数のアプリケーションが実行を続ける場合、それらは一緒にうまく機能しない可能性があります。 アプリケーションにバグがある場合や破損している場合、iPadはフリーズし続けます。 これは、iOSが機能する手順を混乱させるためです。
  2. 最新のiOSバージョンがiPadで実行されていないか、不正なアプリケーションによって破損しています。
  3. 最近行われたiOSデバイスの設定の変更。 これは、オペレーティングシステムやアプリケーションではうまく機能しません。
  4. iPadは、操作が高温になると動かなくなります。 ただし、クールに保つために実行中のリソースがあります。

理解しましょう iPadをフォーマットする方法 方法 上のすべてのコンテンツと設定を消去します iPhone 簡単に。


パート2:iPadがフリーズし続ける問題を修正する方法

iPadを解凍するには、Wondershareをダウンロードする必要があります Dr.Fone。 この素晴らしいツールをシステムにインストールします。 Dr.Fone –システムの修復 シンプルなiPadであり、 iPhone システム回復ソフトウェア。 これはあなたにいくつかの信じられないほどのツールを提供します。 これらのツールを使用して、失われたデータを取得し、最近誤動作しているiOSデバイスを修復できます。

主な特徴 Dr.Fone –システムの修復:

  • この驚くべきツールはあなたの凍ったiPadを直すことができます。
  • さらに、リカバリモード、起動時のループ、画面のフリーズ、黒い画面、白いAppleロゴなどの他のiOSシステムの問題を修正できます。
  • データを失うことなく、フリーズしたiOSデバイスのみを通常の状態に修復します。
  • 他のiTunesを修正し、 iPhone iTunesエラー14、エラー27、エラー4013などのエラー。

Dr.Fone 信じられないほど、使いやすいツールです。 ユーザーは、技術的な知識がなくてもこのツールを使用できます。 ユーザーが自分でフリーズしたiPadを修正できるように、段階的なガイドを提供します。 フリーズしたデバイスを修正する方法は次のとおりです。

を使用して冷凍iPadを修復する手順 Dr.Fone:

#1:修復モードを選択します

まず、ユーザーは起動する必要があります Dr.Fone 彼らのシステムで。 その後、彼らは 'を選択する必要がありますシステム修復'ホームインターフェイスからのオプション。 純正のUSBケーブルを使用して、フリーズしたiPadをコンピューターに接続します。 ツールはデバイスを自動的に検出します。 'をタップしますアドバンストモード'または'スタンダードモード。 '

#2:ファームウェアパッケージを入手する

ユーザーは、凍結したiPadをiOSデバイスの完璧なファームウェアで修正できます。 iPadのモデルに応じて、ソフトウェアは完全なバージョンを取得できます。 'をタップします開始'タブをクリックして、ソフトウェアが必要なファームウェアのダウンロードを開始できるようにします。

#3:iOSを修復する

ダウンロードが完了すると、ツールはiPadの修正作業を開始します。 iOSが正常に動作するように修正するには、約10分かかります。 凍結したデバイスを修復するプロセスが終了すると、ツールはユーザーに通知します。

iPadがフリーズし続ける問題を修正 dr.fone -システムの修理

凍結したiPadを修正する方法はたくさんありますが、それらはすべて短期的な方法であり、バンドエイドとして機能します。 彼らは問題の根本的な原因と戦っていません。 ワンダーシェア Dr.Fone は、問題を一度に解決するための最も迅速で簡単な方法です。 これは、データを失うことなく、フリーズしたデバイスを元の状態と設定に復元するための最良の方法を提供します。

ただし、ロック解除や脱獄などの変更は元に戻されることを覚えておく必要があります。 デバイスでこの問題が再び発生した場合は、深刻な問題である可能性があります。 そのような状況では、デバイスを最寄りのAppleStoreに持っていく必要があります。

また、方法を理解しましょう iCloudパスワードなしでiPadを出荷時設定にリセット 簡単に。


パート3:完全に機能する冷凍iPadと機能的な冷凍iPadの両方の一般的な方法

iOSデバイスが完全にフリーズしていて、何もできない場合は、これらの方法を使用して修正してください。 また、iOSデバイスがまだ機能している場合は、これらの方法でデバイスを修正してください。 だから、ここにあなたの凍ったiPadを修正するいくつかの他の方法があります。

方法1:データを失うことなくiPadを強制的に再起動する

この方法を使用すると、iPadOSまたはiOSで問題が発生したときに、デバイスを簡単に修正できます。 場合によっては、強制再起動が完全に機能することがあります。 iPadがフリーズし続ける いつも。 iPadで強制再起動を実行する方法は次のとおりです。

「iPadがフリーズし続ける」問題を修正する手順:

#1:'を探しますホーム'タブと'ウェイク/スリープ' タブ。

#2: iPadの画面にAppleのロゴが表示されるまで、両方のタブを約30秒間押します。 表示されると、iPadが再起動します。

方法2:データを失うことなく冷凍iPadを修復するための最良の方法

これは、フリーズしたiPadを修復するための最良の方法です。 このためには、iPadOSまたはiOSを修正するための組み込み機能が付属しているサードパーティのツールを使用する必要があります。 これは、iOSデバイスにiPadOS / iOSの不具合が必要なためです。 使用することをお勧めします Tenorshare ReiBoot デバイスを修復するため。 iPadOSまたはiOSを更新し、それに関連するすべての問題を修復できます。 さらに、データの損失はありません。

ReiBoot の製品です Tenorshare Makeuseof、Cult ofMacなどの人気メディアサイトが推奨する会社。 このツールは、その強力な機能のために素晴らしいです。 以下でそれらを見てください:

  • このツールは、市場全体でiPadOS / iOSを修復するのに最適です。 その排他的で高度な技術は、確実な結果を提供します。
  • iPad /のようなさまざまなiPadOS / iOSシステムの問題を修復しますiPhone リカバリモードでスタック、黒い画面、Appleロゴ、白い画面、 iPhone エラー53、iTunesエラー4013、 iPadアクティベーションエラーなどです。
  • このプログラムは、Retain Displayを搭載したiPad、iPad Mini、iPad Air、iPad Pro、およびその他すべてをサポートしています。 iPhone モデル。
  • iOS15およびiPadOS15と互換性があります。

iPadを修復する方法は次のとおりです。 Tenorshare ReiBoot データを失うことなくプログラムします。 ダウンロード後 ReiBoot システムにインストールし、以下の手順に従ってください。

を使用して冷凍iPadを修正する手順 Tenorshare ReiBoot:

#1:修復モードを選択します

まず、システムでツールを起動します。 そこでXNUMXつのオプションに出くわします。 を選択 '標準修理'そこからのオプション。  

Tenorshare ReiBoot
#2:リカバリ/ DFUモードに入る

次に、iPadを純正のUSBケーブルでシステムに接続します。 'をタップします' タブ。 プログラムがiPadを検出したら、デバイスをリカバリ/ DFUモードにします。 これを行うには、画面に表示される指示に従います。

#3:ファームウェアパッケージをダウンロードする

その後、このプログラムは、デバイスに最も互換性のあるファームウェアオプションを提案します。 iPadOSも提供します。 したがって、適切なファームウェアパッケージを選択し、 'を選択するだけです。ダウンロード' タブ。 ダウンロードされるのを待ちます。

#4:iPadを修理する

ファームウェアをダウンロードしたら、「」を選択する必要があります。標準修理を開始します。」 これで、プログラムはiPadを自動的に修復します。 数分以内に、iPadは修復され、通常の状態に再起動されます。

iPadがフリーズし続ける問題を修正 ReiBoot

とともに ReiBoot iPadOS / iOS修復ツール。ユーザーはiPadを修復でき、データを失うことなくフリーズし続けます。 したがって、このプログラムはさまざまなユーザーから多くのすばらしいフィードバックを獲得しています。 今、その素晴らしい機能を試すためにその無料版をダウンロードするだけです。

方法3:iTunesを使用して冷凍iPadを工場出荷時の設定に復元する

これは、 'を修正する別の方法です。iPhone 凍結し続ける問題。 この方法では、WindowsまたはMacシステムでiTunesを使用する必要があります。 すべての設定とデータがデバイスから削除されることに注意してください。 復元すると、デバイスは新しいデバイスのようになります。 したがって、問題が発生する前にバックアップを作成していない場合は、よく考えてください。

だから、ここにiTunesを介して凍結されたデバイスを復元するためのいくつかの簡単な手順があります。

#1: iTunesを起動し、最新バージョンを使用していることを確認します。

#2:その後、USBケーブルでiPadをシステムに接続します。

#3:iTunesはデバイスを自動的に検出します。 検出されたら、iPadのアイコンを選択します。 その後、 'を選択しますiPadのを復元'オプション。 復元リクエストを確認するには、[]をクリックしますリストア。」 さて、 'iPadがフリーズし続ける'問題は解決されます。

iPadがiTunesでフリーズし続ける問題を修正

#4: それでも問題が発生する場合は、「」を押します。 'と'ホーム'タブを同時に。 あなたが 'に出くわすまで保持し続けますiTunesに接続する'アイコンまたは'PC / Macを指すケーブル'画面上のメッセージ。 'を見てタブを離さないでくださいAppleロゴ。 '

#5: iTunesがリカバリモードでデバイスを検出したら、「」を押します。OK」 次に、「iPadのを復元' タブ。

#6: 次に、 'をタップしてアクションを確認しますリストア。 '

うまくいけば、問題は今までに解決されるでしょう。 デバイスが復元されると、再び起動します。 次に、デバイスを再度セットアップする必要があります。

ところで、あなたが探しているなら マイクスタンドに最適なiPadホルダー、ここにあなたのためのトップの選択肢があります。


パート4:iPadが絶え間なくフリーズするのを防ぐ方法

これで、iPadは正常に動作します。 ただし、この問題が再発しないようにすることをお勧めします。 iPadが再びフリーズするのを防ぐには、次のヒントを参考にしてください。

  1. 信頼できるソースからのみアプリケーションをダウンロードしてください。 AppStoreからダウンロードすることをお勧めします。 このようにして、厄介な驚きに対処する必要はありません。
  2. 次に、更新通知が表示された場合は、iPadOSとアプリケーションを更新します。 これにより、すべてが必要に応じて機能するようになります。
  3. 充電中はiPadを使用しないことをお勧めします。 その間にiPadを使用すると、iPadが過熱します。
  4. バックグラウンドで複数のアプリケーションを実行することは避けてください。 現在使用していないすべてのアプリケーションを閉じます。 したがって、システムは実行しているタスクに集中するだけです。 iPadに熱風を循環させるためのスペースがあることを確認してください。 したがって、iPadをソファ、ベッド、またはクッションの上に置かないようにすることをお勧めします。

また、あなたが悩んでいる場合 iPhone アラームが鳴らない 発行または iPhone フローズン エラーが発生した場合は、クリックして簡単に修正してください。


結論

したがって、iPadがフリーズし続ける場合は、この方法で問題を解決できます。 凍結したiPadは、さまざまな方法で修復できます。 とりわけ、最善の解決策は Tenorshare ReiBoot。 このツールを使用すると、iOS関連のすべての問題を手間をかけずに修正できます。 今すぐこのツールを入手して、 'を修正してくださいiPadがフリーズし続ける'問題!