2022年の音楽制作に最適なサウンドカード

を探しています 音楽に最適なサウンドカード? ええと、あなたは一人ではありません。 購入方法を疑問に思う人は他にもたくさんいます 音楽制作に最適なサウンドカード。 あなたがその一人であるならば、以下の内容があなたに役立つでしょう。

サウンドカードに関して言えば、それはPCにインストールされるべき不可欠なデバイスです。 この特定のデバイスは、音楽制作などのタスクに関しては必須です。 音楽制作に最適なサウンドカードを使用すると、優れた音質を生成できます。 あなたが音楽制作に興味があるなら、あなたは一流のサウンドカードに投資しなければならないでしょう。 音楽に最適なサウンドカードを探し回ると、何百もの製品が見つかります。 そのようなコレクションからXNUMXつを選択することは、どの個人にとっても難しい場合があります。 ただし、作業を簡単にするために、このリストを作成しました。 私たちは調査作業を行い、最終的に優れた製品を見つけました。 このリストを作成する際に、さまざまな側面を考慮しました。


音楽制作に最適なサウンドカードは何ですか?

わかった! 要点に取り掛かりましょう。 以下に挙げるのは、音楽に最適なサウンドカードのリストです。 これらの各製品には、いくつかの違いと価格もあります。 だから、あなたは先に進んであなたに最適なものを選ぶかもしれません。

PS:次のような問題が発生している場合 空間音が機能しない、ここにあなたのための最高のソリューションがあります。

01. Focusrite Scarlett 2i2 3rd ジェン

この製品は間違いなく、このリストの最上位に到達するのに十分でより多くの特性を備えています。 つまり、これは音楽に最適なサウンドカードを探している人にとって完璧なオプションです。 この特定の製品には、Ableton Live、AvidProなどのアプリケーションの支援が付属しています。

このアプリケーションに関連する最も重要な機能のXNUMXつは、アップグレードされたプリアンプを備えていることです。 また、大きなヘッドルームと「エアモード」オプションは、ハイエンドの作業に役立ちます。 何よりも、このデバイスは優れたデザイン要素を備えています。 入力、ゲインノブ、USB-Cポート、出力などの側面を見つけることができます。

この製品は、いくつかの理由から私たちの一番の選択になりました。 優れたオーディオ品質は、それを特別な製品にしている明らかな理由のXNUMXつです。 低レイテンシー、明瞭さ、低ノイズなどにより、このような優れた品質を提供します。新しいAir機能のおかげで、このデバイスから次のレベルのオーディオ品質を期待できます。 これは、ホームスタジオ環境でボーカルを録音する場合に特に当てはまります。

このサウンドカードのオーディオ品質は並外れています。 いくつかの思慮深いアップグレードも受けています。 このサウンドカードを支配的で強力なものにするための機能はたくさんあります。 プロのサウンドプロデューサーにとって、これは間違いなく音楽に最適なサウンドカードのXNUMXつです。 このデバイスのもうXNUMXつの優れた点は、優れた手頃な価格も示していることです。

また、ここをクリックして 最高のYugiohカードスリーブ あなたはチェックアウトする必要があります。

02. Behringer UMC404HD

これは、XNUMXつの入力ポートとXNUMXつの出力ポートを備えたもうXNUMXつの有名な製品です。 あなたは専用のプリアンプを見つけることができます(それらのうちのXNUMXつ)。 実際、この価格帯では、このような性能を備えた製品は多くありません。 このサウンドカードの全体的な音質は完璧です。 あなたは静かなパフォーマンスで高品質のプリアンプを見つけるでしょう。

計器のスイッチとラインへのアクセスを提供するパネルがあります。 また、ゲインノブとパッドスイッチへのアクセスも提供します。 また、入力チャネルと出力チャネルの目的で指定されたいくつかのジャック入力もあります。 それらはMidasプリアンプに接続されています。 これらの各チャネルには専用のコントロールが付属しており、いくつかの優れた調整を行うことで簡単にアクセスできます。

BehringerにはA / Bスイッチングが付属しています。 また、ステレオ/モノラルコンビネーションスイッチと一緒にモニターミックスがあります。 この特定のスイッチは、行ったミックスのオーディションを受ける場合に非常に便利です。 それに加えて、さまざまなLEDインジケータとのいくつかのMIDI互換性を見ることができます。

幅広い機能を備えた優れたユニットであり、印象的です。 この価格帯の他の製品と比較すると、それはかなり多いです。 だから、あなたは間違いなく支払った価格でいくつかの素晴らしい機能を期待することができます。 それに加えて、プラグインと一緒に録音アプリケーションを含む非常に便利なソフトウェアがあります。

全体として、この特定の製品は、ポッドキャスター、プロデューサーなどの多くの専門家によって認識されています。

03.ユニバーサルオーディオアポロツインXデュオ

さて、ユニバーサルオーディオは数十年の間業界で非常に人気のある名前です。 優れたデザインと、Apollo Twin XDuoと呼ばれる優れた製品を提供するために使用するテクノロジー。 これは音楽に最適なサウンドカードの2つであり、DSPが組み込まれています。 また、処理用にさらにXNUMXつのUAD-XNUMXコアがあります。

あなたはかなり大きなダイヤルと一緒にいくつかのボタンをサポートするコントロールパネルの広い範囲を見つけることができます。 また、データ入力ダイヤルがあり、音量ボタンの形で機能します。 また、入力ゲインのコントロールとしても機能します。 いくつかのサイドボタンがあり、ファンタム電源を通過することができます。 ファンタム電源を切り替えたり、モニターをミュートしたりすることもできます。 その上、プリアンプは簡単に制御できます。

また、完璧な信号経路を提供する入力および出力オーディオも備えています。 それらは非常に信頼性が高く便利なアプリケーションとペアになっています。 それにもかかわらず、これについて最も印象的なことは、UAコンソールアプリケーションがあることです。 非常にユニークで直感的なUIを備えています。 それは優れた制御を提供します。 追加の処理能力が必要な場合は、Apollo Twin XQuadをいつでも確認できます。

さて、これは音楽制作のための強力なサウンドカードの形で提供される素晴らしい製品です。 確かな性能とクリアなサウンド出力で知られています。

04.スタインバーグUR22MK2

これは、音楽に最適なサウンドカードが必要な人のためのもう2.0つの優れた製品です。 UBSケーブル(XNUMXバージョン付き)を見つけることができます。 また、経験のレベルに関係なく、録音したい人にとっては素晴らしい投資です。

この特定の製品は、その完全に強いボディで知られています。 どんな過酷な条件にもマッチするように、より強力に作られています。 シャーシは金属製で、強度が向上しています。 このデバイスは、信頼性の高い機能を除けば、非常に用途が広いです。 汎用性という用語は、PCシステムとmacOSシステムの両方をサポートすることを意味します。 また、Core Audio、WDMなどのフォーマットと完全に互換性があります。

フロントパネルには、きちんと配置された機能がたくさんあります。 TRS / TSの入力も含まれます。 これらの入力には、ゲインコントロールのうねりが付属しています。 その上、低音を録音するために、Hi-Zとともに+ 48Vのファンタム電源を備えています。 フロントパネルにUSBポートを設置することもできます。 必要に応じて、iPadまたは別のPCに接続できます。

明らかに、あなたは値札の下でたくさんの競争を見つけることができます。 ただし、MK2は、他のMKXNUMXと比較して、優れた機能、互換性、およびビルド品質を示します。

05. Native Instruments Komplete Audio 2

NIは、この製品の2つのバージョンを導入しました。 ただし、KA2.0は前モデルと比較して優れたパフォーマンスを示します。 これは、XNUMXUSB接続のデバイスです。 全体的なデザインは洗練されたモダンです。 また、コンパクトなサイズを示しています。

この特定のデバイスには、一流の定評のある名前と直接対決するための印象的な機能が付属しています。 この問題に関連する最も印象的なことのXNUMXつは、それが非常に低価格で提供されることです。 それが、私たちがそれをこのリストに載せる最も顕著な理由のXNUMXつです。

XNUMXつのマイクとラインの組み合わせがあり、ヘッドフォンジャックが出ているのがわかります。 その上、入力選択のコントロールを見ることができます。 レベルコントロール付きの入力セレクターコントロールを使用することもできます。

この製品は、主に安全性を確保することを目的としています。 また、軽量でコンパクトなサイズです。 サイズに関係なく、とても印象的なデザインです。

その上、ここにあります マイクスタンドに最適なiPadホルダーMac用の最高のオーディオインターフェース あなたはチェックアウトする必要があります。


音楽に最適なサウンドカードを購入する際の考慮事項 

これで、音楽に最適なサウンドカードのリストが提供されました。 もっと深く掘り下げましょう。 このセクションでは、他の多くの製品から音楽制作に最適なサウンドカードを選択する方法について説明します。 これにより、ギター、キー、ベースなどのさまざまな楽器を録音できます。 また、スタジオにいても自宅にいても、ボーカルをつなげることができるはずです。 さらに、全体的な再生品質を向上させることができます。

ライブ楽器を好むプロデューサーでもソングライターでも、サウンドカードはそのタスクに対応している必要があります。 選択したサウンドカードは、一貫して機能する必要があります。 オーディオインターフェイスの選択により、その効率が決まります。

録音用のサウンドカードが必要ですか?

あなたの音楽制作をより効率的なものにするために外部サウンドカードを入手することはいつでも可能です。 そうしないと、コンピュータのデフォルトのサウンドカードがアクティブになります。 基本的なサウンドカードが機能する場合、それから優れたパフォーマンスを期待することはできません。 つまり、遅延の問題が発生することが予想されます。 ただし、優れたサウンドカードをお持ちの場合は、遅滞なく優れたサウンドパフォーマンスを常に期待できます。 したがって、一言で言えば、音楽制作に興味がある場合は、サウンドカードを使用する必要があります。

音楽に最適なサウンドカードは、録音のオーディオ品質を向上させることができますか?

サウンドカードと録音および再生されるサウンドの品質には密接な関係があります。 したがって、オーディオにプロのパフォーマンスを期待する場合は、優れたサウンドカードを用意する必要があります。 また、サウンドカードは複数の楽器の音を同時に録音することができます。 あなたがプロのオーディオ制作に興味があるなら、これは必須です。

音楽制作に最適なサウンドカードを購入する場合に考慮すべき主な機能

一般に、音楽に最適なサウンドカードを購入する場合は、考慮すべきいくつかの側面があります。 彼らです;

  • 音質
  • デジタル入力と出力
  • 接続フォーマット
  • プリアンプ容量
  • 価格

ただし、価格要因のみに基づいてユーザーが決定することはお勧めしません。


だから、あなたが購入したい場合はそれらが考慮すべきオプションです 音楽制作に最適なサウンドカード。